雑談

和まない

彼女に頼まれたからって、断るべきだった。
僕の額には冷や汗を通り越して脂汗が浮かぶ。
「中学、高校時代僕もバレー部だったんだ」。

なんて嘘、つかなきゃよかった。
話、合わせなきゃよかった。
後悔後にたたず、いや先に立たずだったっけ。

“和まない” の詳細は »

照れ笑い

騙そうと思った訳じゃあない。
修羅場を経験したかった訳でもない。
だが、彼女は派遣終了日だった今日、突然家に乗り込んできたのだ。
どうやって知ったのだろう?そういや最近、日記を兼ねてつけている手帳を、職場のお局に拾われたことがあった。

“照れ笑い” の詳細は »

デジタルパーマ

もう腹立ちが限界に達してきた。
ファミレスでもう一時間近く彼女を待ちぼうけだ。
隣の席では、カップルが話し込んでいる。
どうやら初めてのデートってとこらしい。
男が語る、幼い頃より日記をつけてると。

“デジタルパーマ” の詳細は »

オープンカーで卒業式へ

お姉ちゃんの彼氏は、育ちの良い家柄らしく、素敵な服を着て、かっこいい仕草で私に話しかけてくれます。
妹がいないからと実の妹のように接してくれるのです。
おねえちゃんとも仲が良くって、二人でいっつもいるところを見ると、うまくいってるだなと思うのです。

“オープンカーで卒業式へ” の詳細は »

母集団

「見て~わたしの今月の占い!赤い糸の運命の相手と出会いますだって」。
コンビニで一緒に立ち読みしていた彼女が奇声じみた声をあげた。
未購入の雑誌を大きく開いて僕に見せる。

「どうする~?わたしが他の男性と赤い運命の糸で結ばちゃったら?」。

“母集団” の詳細は »