アタック

自転車ごしに投げたチョコ

中学のときに好きだった彼は隣の高校へ進学しました。
私たちは、タイミングがあえば、帰りに一緒になり、私の家まで送ってくれていました。
とはいえ、高校が違うとなかなか会う機会もなく、補習の多い私の高校は、朝が早かったので、たまにあう帰り道が一番の楽しみでした。

“自転車ごしに投げたチョコ” の詳細は »

順風満帆

目が釘付けになった。
知能指数は高いが、容姿はトホホなこの英会話サークルにあんな華やかな美女が入会してくるとは。
ヒラヒラの服を着ているのも、自分には新鮮だ。
巷ではよく見かけるが、自分の通う研究所や大学では、珍しい。

“順風満帆” の詳細は »

ピアニスト

幼稚園の頃から、わたしは毎日ピアノを弾いている。
わたしの母は、音大出身で、小さな頃からピアニストになりたかったらしい。
地方の田舎町で「神童」だった少女は、成長して都会に出て自分を試した。

“ピアニスト” の詳細は »