世界的なネズミ

あの世界的スターのネズミに会いに行きたい、とまたも彼女は言いだした。
もういいだろう。
怒鳴りそうにすら、なる。
「シーズンごとにパレードが変わるのよ。

友だちはもう行ったのよ。
記念の限定グッズとかも、現地でしか買えないものも多いの。
ネットじゃ買えないし、足を運ぶしかないのよ」と、悔しそうに唇を噛む。

かといって、彼女があのネズミだけのマニアかといえば、そうでもないのだ。
彼女はファッション雑誌を定期購読している。
ショッピングが大好きだ。

そういや、この前ネクタイを選んで欲しいと、百貨店につきあってもらったときもそうだった。
メンズのアクセサリー売り場。
彼女は水を得た魚だった。

やっぱりハイブランドは素材が違うとか、メンズにもやはり流行があるとか。
売り子さんと一緒になって、高いブランド品を売りつけようとする。
冗談じゃない。

ネクタイなんて、正直千円も出せば十分なはずだ。
デキる男は、本来服装に金はかけない。
しかし、結局、売り子さんと彼女に俺は押し切られてしまった。

今季限定色だかの、奇抜な緑色のネクタイをお買い上げとなってしまった。
じゃ、ステーショナリー売り場にもつきあってよ。
疲労困憊しながら、俺は言った。

めったに来ない百貨店に折角来たんだ。
最新の万年筆を是非チェックしたいものだ。
すると、彼女は心底忌々しそうな表情になった。

そして、こう言った。
「じゃ、あたしはコスメカウンターに行って、タッチアップしてもらっとく。
今季限定の新色をチェックしなきゃ」と、あっという間に去って行った。

限定色の新色コスメで飾って、相性バツグンなネズミの限定グッズを買いに行くのか。
相性最悪なカレシと一緒に。

«
»