従業員専用駐輪場

見てしまった。
僕は、現場から逃げるように走り去った。
何も悪いことはしていないのに。

バイト先のホテルの脇にある「従業員専用駐輪場」。
そこで、僕の最愛のダジャレ女子が、同じ宴会サービスのバイトのアイツと抱き合ってたのだ。

いや、抱き合ってたんじゃないな。
抱きしめられてた、って感じだったな。

男は僕に気づいたけど、ダジャレの奴は気づいてない。
なぜなら、ヤツの広い胸に顔をうずめていたからだ。
彼女は泣いていた。

この間、見られてしまったのだ。
「宴会サービスのマドンナ」と僕が、いわゆる「あの手」のホテルから出てくる現場を、よりによって僕の最愛のダジャレ女子に。
あの子はふざけてばっかりで、恋愛にはちっとも奥手だと思っていた。

でもその時、僕を「不潔だ」と責め立てたあの顔の真剣さ。
しかし、僕はもう二十歳を超えている。
それにマドンナも、僕と誰かを二股かけているとはいえ、既婚者って訳じゃない。

「不潔」には傷ついた。
宴会サービスのバイトを辞めようか。
本気で悩んだ。
でも、そうすると彼女に会えなくなってしまう。

「ジョインしちゃって、いいですか~」と、お気楽な調子でランチの休憩時間に笑顔でテーブルにやってくるあの子。
いつも人に取り巻かれて幸せそうに笑ってる。

彼女は新人には親切だ。
新人は最初の頃、結婚式では特に緊張する。
そんなとき、彼女が得意のギャクで彼らの緊張をほぐしてあげてるのを、何度も見てきた。

誰もいない廊下で、新人を相手に変顔したり、得意のモノマネを披露してる姿も、何度か見た。
さすがにやりすぎだよ、と思ったが。

その彼女が泣くなんて。
何があったんだろう。
でも、聞けない。

なぜなら、あの子は今、別の男の胸の中だ。
今日は風が強い。
男が勝ち誇ったように、僕に視線を投げてきた。
僕は背伸びして着ている、トレンチコートの襟を立てた。

»