蛇っぽいマドンナ

あいつに見られた。
しかもそういった用途のホテルから出てくる現場を。
でも、これでよかったんだ。
ようやくふんぎりがついた。
バイト先のホテルの宴会サービスのマドンナと付き合いだしてから、2か月。

脈のないダジャレ女子のアイツに振り回されていたら、唐突に告白されたのだ。
「好きです、先輩」と、目をうるうるさせて、いきなり抱きついてきたのだ。
そりゃあ、僕だって男だ。
悪い気はしないさ。
彼女の細くて白いうなじが、いじらしく震えている。
オトコ(つまり僕)の胸もとに飛び込んだ乙女の恥じらいからか、耳たぶを紅色に染めている。
どうして、アイツはこういう行動をとってくれない?どうしておちゃらけてばかりなんだ?
そう思いながらも、気がついたら僕は彼女のアタマをなでなでしていた。
それは、懐いてきた猫をなでるような感覚だったのだ。
少なくとも、最初は。
彼女は一緒に歩くとき、腕を蛇のように絡ませてくる。
正直、最初はうっとおしかった。
なぜそこまで密着するのか、疑問だった。
僕だって一応以前にガールフレンドのひとりやふたりは、いた。
でももっと、ライトな感じだったな。
仲良く手と手を繋いで校内を練り歩いて、友だちから冷やかされたり。
実にオープンだった。
ところが、このマドンナさんはやけに秘密主義なのだ。
こういう仲になってしまったとき、やはり男のけじめだから関係各位のみんなに公表しよう。
と僕は提案すると、彼女は大きく首を左右に振った。
理由を問うと、同じ大学につきあっている彼がいるとのことだ。
じゃあ、僕は?そう聞くと、突然大粒の涙を流し始めた。
本当に好きなのは先輩なの。
でも、バイト先ではまだ言いたくない。
余計な詮索はされたくないから。
僕も、それに異論はなかった。
まだアイツには知られたくなかったのだ。
どこかで一縷の可能性を信じている自分がいた。
それが今日、あいつに目撃された。
これでおしまい、だ

男をディスるブログ
女性視点の『不倫 NTR』
オンナが苦しむ不倫 NTR、そしてオンナが楽しむ不倫 NTR、オンナが決める不倫 NTRへのリベンジ
www.wendyholcomb.net/cat/immorality/

«