順風満帆

目が釘付けになった。
知能指数は高いが、容姿はトホホなこの英会話サークルにあんな華やかな美女が入会してくるとは。
ヒラヒラの服を着ているのも、自分には新鮮だ。
巷ではよく見かけるが、自分の通う研究所や大学では、珍しい。

まあ、勉強いのちの鼻っ柱の強い女子が大半だもんな。
キャンパスで思わずため息をつくことは多い。
京都の国立大学。
ノーベル賞受賞者を日本一多く輩出している我が母校。
そんな学び舎に憧れ、何年も浪人する人間は多い。
自分もそんな一人、と彼らと苦労話でも分かち合いたいところだが、残念ながら僕は違う。
入試は無論、博士課程も、Ph.D.も難なくクリアしてきた。
正直な話、周りを見てよく思う。
そもそも勉強に向かない人間がどうしてムキになって偏差値や、ましてや博士号にこだわるのだろう?その先には果てしなく「勉強」の海原が広がっているというのに。
一度きりの貴重な人生の時間を向いてもいないことに費やすなど、無駄だ。
話がそれてしまった。
とにかく彼女は素晴らしい。
でも、彼女はきっと僕などには目もくれないだろう。
きっと頼りがいある常識的な一般男性と結ばれるのだ。
例えば大手企業の営業職の人とか。
いつでもそうだ。
最初は、まあこの学校名の七光りで女性は大勢寄ってきてくれる。
だが、素直に自分を曝け出したが最後、彼女たちは例外なく去っていく。
僕の何が悪いのか?正月以外、毎日研究室に通う点だろうか?最新の研究レポートを入手すると、周囲が消えてしまうことだろうか?いや、やはりたまに相手の名前やら存在自体を失念してしまう点か?いずれにせよ慎重に検討する必要はある。

おもちゃ箱
在庫あり大人のおもちゃ
おとなのおもちゃでEVERY NIGHT LOVE #責めアイテム #男性増強 #女子力UP #ラブサプリ #ランジェリー
every-night-love.com

«
»