一目ぼれは突然だから一目惚れ

ついに運命の人に出会った。
今日ほど英語を学習していてよかったと思ったことはない。
京都にある社会人サークル。
ラジオ英会話講座を、寄り集まって学習しましょう、というお堅いものだ。
初日の今日は本当に緊張した。

だって集った面々は知性派揃い。
日本最高級の偏差値を誇る地元の国立大学をご卒業した秀才揃いだ。
若干閉鎖的なコミュニティだと思わないでもない。
なぜなら、私同様、そこまで偏差値の高くない、ってか端的に言えば「おばか」は少数派。
少々浮いた存在だ。
彼らが思いっきりはじけたゲームは「古今東西」。
渋い時事的な回答が次々と飛び出す。
負けじと私も「ソ連!」と思いっきり知的な回答を叫んだ。
ふふふ…我ながら冴えてるぅ!と口の端に笑みすら浮かぶ。
すると一同は顔を見合わせ、気まずい空気に…。
「ソ連って今はないよね」「ロシアってことで正解にしましょう」と寛大な笑顔をメンバーたちは交わす。
あああトラウマになりそう。
屈辱だけがお土産かと思った、その時!白馬の王子が、そこに!!目が釘付けになってしまった。
嘘でしょう?頭の偏差値は高くても、容姿面で残念なメンツばかりのこのサークルに…
その人は、例にもれずエリートだった。
しかも同年代なのに、まだ学生でなんと理学部。
帰りのおうどん屋さんで一緒のテーブルに座れたことは、生涯の幸運だった。
隣の「低身長をバネにガンバリました」タイプの人の良さそうな男性が、ペラペラと紹介してくれる。
たおやかな京男なのにがっしりした鳩胸。
丹精な顔付は完全なる左右対称。
理系には、オタクタイプが多いのだが、彼は違う。
初参加で緊張している私の委縮が解けるよう、何気なく会話に入れてくれる。
こんな人、いたんだ…。
高嶺の花には違いない。
私は己をよく知っている。
ムリな獲物は狙わない。
でもこんなお宝を見せられて、「はい、さようなら」と引き下がれるだろうか?すぐに頭から追い払えるものだろうか?難しい。

女性が気になる
無料のアダルト無修正動画
アダルトコンテンツを厳選してピックアップ。お気に入り即登録。
dougahakkutsu.com/

«