研修センター

その人は涼しげな白いブラウスを着ていた。
薄い生地から白い下着が透けて見えている。
そして夏の強い日差しを浴びた白い木綿の日傘が、彼女の陶器のような顔を一層白く照らし出す。
なんという麗人だろう。
バス停に立つ中学生の私は、見とれた。

うつむき加減に歩く儚げな姿からは、妖しげな色気すら立ち昇る。
ゆるやかな曲線のスカートは、薄地だけれど黒い色彩のおかげで、かろうじて透けてはいない。
ふと、自分の隣、前に並ぶ男性の姿が目に入った。
彼も彼女に釘付けになっている。
が、私のそれとは目の色が違った。
欲情。
男性はこの辺りにある旅行会社の研修センターに来た社員のようだった。
だから、知り合いに会う可能性も薄いのだろう。
無遠慮にも彼女から一時も視線を外さない。
彼女はバスが来る反対方向から歩いてきたから、男性はいまや体を露骨に後ろ向きに向けている。
つまりは、真後ろの女子中学生であるわたしの方へ。
こうして私は、まじまじと男の様子を観察することができた。
彼は、わなないていた。
まず、呼吸がどんどん荒くなった。
あっという間に平静な肺呼吸は終わりを告げ、強く上下させた胸からの息遣いは激しい。
深い嘆息を腹の底から吐きだし、身をよじってこみあげる何かに必死で堪えている。
その間も、突如理性を奪った女からは片時も目を離さない。
清楚なものほど犯しがたくて、犯しがたいがゆえに抑えきれない欲望が募る。
この式は多分正解だ。
その証拠にさっきまで冷静だったこの男性の、目にも露わなこの失態。
彼の頭の中では、女性はとっくに自分の手にかかっている。
夏のギラつく日差しが眩しく照らす、あの雪のような純白の肌と折れそうに華奢な丸い肩。
ボタンは丁寧にひとつずつ外す?それとも粗っぽくバリバリって破くんだろうか。
男の妄想に寄り添いシンクロしていたその時、突如、自分の下の名前が耳に飛び込んだ。
くだんの女性が、こちらへ向かって手を振って寄ってくる。
女性、それは私の母だったのだ。
いい加減私はメガネを買わねばならない。
男性は言いようのない気まずさで、前に向きなおった。

女が男をディスるブログ
女性の心と体も満足の『ラブコスメ』
悩み、コンプレックス解消。色々なところの臭いや黒ずみがが気になる、デリケートゾーンやアンダーヘアやムダ毛の悩みを解消
www.wendyholcomb.net/tag/cosmetic/

«
»