両の手

こんなショック、初めてだ。
先輩が好きなのはわたしだと思っていた。
噂は本当だったんだ。
確かにあの子は、かわいい。
すべすべの真っ白いお肌が、キャンドルに照らされた横顔なんて、思わず見とれてしまうくらいに綺麗。

しかも性格も面倒見のいい穏やかな癒し系。
間違いなく、宴会サービスのマドンナだろう。
文句のつけようも、ない。

今日、偶然にも見てしまったのだ。
偶然にもそっち系のホテルから、ふたりが手と手を絡み合わせて、仲睦まじく出てきた姿を。
ベタなドラマみたいだった。
本当に、こんなことってあるんだ。

「先輩」。
言葉が先に飛び出す。
わたしの大声にふたりは振り向いた。
ふたりの顔から、さっと血の気が失せる。

「何って…」。
先輩はことばに詰まる。
目に見えてうろたえてる。

彼女には、別につきあっている人がいるのに。
バイト先ではなく、同じ大学の方で。
けっこうイケメンだという。

先輩もイケメンだ。
両手にイケメン!許せない!ひとりくらい分けなさいよ!
思わず声を荒げてしまった。

「なんなんですか!確か学校にもいるんでしょ!カレシが!不潔だわ、ふたまたなんて!」言い募るわたし。
正義、ここにありだ。

彼女は、枯れた花みたいに首をうなだれ萎れている。
そんな彼女に、先輩は愛おしげな労わるような視線を注いでこう言った。

俺たち、正式につきあうことにしたんだ。
その…気の毒だけど、あきらめてもらうんだ、先方に。
今、気持ちが決まったよ。

君の言う通りだ。
良くないよ、こんなの。
ありがとう。

先輩はわたしの目の前で固く固く彼女の手を握りしめた。
ああああ。
ふたりを固めたのは、このわたしだ。

無修正サンプル動画
無修正動画と裏DVDのサンプル動画サイトを集めたアダルト動画サイトリンク集
dougahakkutsu.com/

«
»