河原町のカエル娘

今日は本当にラッキーな日だった。
そして今日ほど日記をつけていてよかったと思った日は、ない。
学生時代、ちょっといいなと目をつけていた子に街で再会したのだ。
明らかに、彼女は僕のことや名前も忘れている様子だった。

名刺を渡すも、彼女から名刺はくれない。
警戒しているのか、それとも当時同様「タイプじゃない」と判断されたのか。
しかし、僕も彼女を責められない。
実は、彼女の名前を忘れてしまっていたのだ。
それが、日記を取り出してようやく判明した。
ああ、そうだ。
そんな名前だった。
懐かしい当時の記憶が、当時の僕の悪筆から蘇ってくる。
もっとも、日記は人に見せるものではないにしても。
「河原町で酔っぱらって百貨店の壁に激突するなんて、男前だ」自然に思い出し笑いが浮かぶ。
股も全開で壁に自ら激突したあのカエルのような姿。
でも一緒にいた美少女の友人は、密かに僕の隣で嘲笑っていた。
その笑った横顔は、正直醜かった。
オンナの優越感が丸出しだった。
まだ大学生だというのに、まだ20歳だというのに、早くもオンナの毒気を振り撒いているのだ。
そして自分の「美貌」の価値を過信してもいた。
その「美貌」にひざまずくオトコは多いだろう。
でも、僕には僕の心には反発心しか起きなかった。
比べて、あのカエル娘。
壁に激突した後、ひっくりかえってスカートがまくれあがってしまうというアラレモナイ姿。
通行人のおじさまたちが、彼女に声をかけていく。
「姉ちゃん、パンツ丸見えやでぇ」と。
「あたしは、今人生の深淵を噛みしめているんですよ!」と誰に言うともなく叫ぶ泥酔した彼女。
最悪だ。
でもその滑稽を極めた姿に、当時僕の心は撃ち抜かれたのだった。

»