好きなこと

もうストーカーにはこりごりだ。
盗聴器にもこりごり。
無言電話にも。
はっきり言おう。
私は、そっち方面が大好きなだけ。
つまりスキンシップの進化系が。
男性と肌と肌を寄せ合っている時が何より幸せ。

自分より頑丈な肩や胸に包まれている時が至福のひととき。
ああ、守られてる。
これにて安全確認よし、と幸せな気分になれる。
自分の真っ白い太ももに顔を押し当てられた時など、幸せで卒倒しそうになる。
私固有の地図を夢中で探してくれるあの動物的な姿と人間の叡智。
探り当てられた時の喜悦の瞬間。
想像するだけで喉はからから。
私の下っ腹の内部には魚がひらひら泳いでて、時折からかうように尾びれをばたつかす。
正直、自分が男性に求めているのはそれだけではないか?とよく思う。
でも、そのお相手を探すのは意外なほど難しい。
問題は、お手軽感なしの自分のキャラ。
これには参った。
恋人募集中のでっかいキーホルダーを持ち歩いてみたけど、効果なし。
海外に行ったら日本人女性はもてるはずが、オファーゼロ。
子どもやお年寄りなど、老若男女からの温かいふれあいに恵まれて帰国する、この健全さ。
かつて、飲み仲間に私の何がいけないのか、理由を聞いてみたことがある。
その答え。
「マニアにはたまらない一品かもしれないけど、それ以外はちょっとキツイわ」。
では、そのマニアってどんなタイプ?私ってズバリどんなキャラ?と執拗に聞いたけど、誰も口を割らない。
「傷つくから聞かんほうがいいわ」の一点張りだ。
じゃあ、みんなはどうよ?とそのあたりを調査すると、案外と過激な経験談が飛び出し、へこんだ。
全員、ちょっと盛ってる気はしたけど。
世の中の尻軽と呼ばれる女性は、どうやって実行できるのだろうか。
じっくりと秘訣を聞いてみたいものだ。

無修正アダルト
無修正アダルト動画
お嬢様系、熟女系、女子大生系など好みの女の子が登場している無修正動画
dougahakkutsu.com/

«