愛犬

とっさに5階のベランダから飛び下りる自分の姿が浮かんだ。
でも、腕には赤ちゃんがいるから、できない。
電気ショックを浴びたように、北極で氷水に浸かったように体中の神経細胞が開く。
「どうして」と声にならない声が出る。

そういや、メールで言った。
「死んだ愛犬に会わせてもらえませんか?」と。
そうしたら、おつきあいでも何でもしましょうよって感じの口調で。
当時彼からのメールが苦痛で断絶したかったのだ。
じゃあ返事しなければいいと自分でも思ったけど、実際未練が多いのは私の方だった。
培った諦めの良さを、これほど邪魔する男もいない。
だから傲慢を極めたことばをヤケで言い放った。
赤ちゃんは生後4か月だ。
柔らかくって、やっと人間らしい丸みとしっかりした肉付きになってきて、本当に抱き心地がいい。
この感覚は、この愛おしさはどこかで味わった。
記憶の網をたぐり寄せたその瞬間、思い出したのだ。
その言葉を。
その契約を。
まさか、すべてが彼の仕業だったのだろうか?。
数々の不可思議な現象、妙なストーキングと盗聴。
セクハラがツラいと自宅でぼやくと、翌日には謎の無言電話集中砲火で相手をびびらせてくれた。
既婚者に夢中になりかけた私の職場に、警告の電話を流し邪魔したのも彼?。
私は待った。
いつか彼が現われてくれるんだろうと。
でも、数年待っても来なかった。
するとある日過去の援交相手が母親の職場に登場し、私の過去の悪行が露呈する。
これにて、the end。
このままこの家族とはいられない。
いれば、愛ある家族の餌食となるばかり。
私は早急に手直な相手と結婚した。
その後、妊娠して子どもができた。
それが、今。
まさか彼が?。
でもそれなら一連の行動のつじつまがあう。
彼に連絡を取らなくては。
そして真実を確かめるのだ。

おもちゃ箱
破格の大人のおもちゃ
おとなのおもちゃでEVERY NIGHT LOVE #アナル #SM #ローション #コンドーム #アダルトVR #グッズメンテナンス
every-night-love.com

«
»