すぐに付き合ってしまう悪い癖

10代の頃、私には勝手な持論があって片思いを長くすることを拒んでいました。
一方的に思っていても本当の相性がわからないと思っていました。
片思いのハラハラした辛さに長い間耐えられなかったこともあったかもしれません。

そんな私は好きかもしれないと思ったらすぐに告白して、付き合ってから本当に好きになっていくタイプの人でした。
でも気持ちが高まってから付き合っていたわけではないので、すぐに別れたとしても早めに吹っ切ることができるようになっていました。
傷つく恋愛をしたくなかったんだと思います。

しかし20代になってからはこの恋愛の仕方をするとことごとく失敗してしまいました。
というのはやはり長い間付き合おうとしている人が増えてきたからだと思います。
そして私自身も無意識のうちに、誰かとしっかり向き合いたいと思うようになっていたのだと思います。

私の片思いが辛いからというすぐ付き合う方法だとよくわからないうちに相手と付き合うので失敗ばかりでした。
超ナルシスト男、悲劇のヒロイン男、ギャル好きの男、やはり良く相手を知ってからでないと中身はわかりませんでした。

これを教訓に相手を見極めることをしっかりしようと思いました。
たとえ片思いが長くて傷つく結果だったとしても、もう人数だけ重ねる恋愛は卒業すべきだと悟ったからです。

そうするとなかなか人に好意を抱けなくなりました。
しっかりと知ってから恋愛をするのは思っていた以上に難しいと知り、だからこそみんな苦労しているんだと20代になってから痛感しました。

無料のアダルト無修正動画
アダルトコンテンツを厳選してピックアップ。お気に入り即登録。
dougahakkutsu.com/
女性が気になる

«
»